TakeFactory

オンライン
診療システム

「Web問診」という選択肢で、
診療フローを省力・時短しましょう。

インターネット接続環境があれば、すぐに導入できるクラウド型サービスです。
診察冒頭での医師問診、看護師による事前問診、紙の問診票とボールペン…を、患者さん自身のスマホやタブレットに置き換えることによって、医療機関に大きなメリットをご提供します。

どこからでも問診入力できる
クラウド型サービス。
患者さんのスマホからも、
待合室のタブレットからも。

診察冒頭での問診、看護師による事前問診や患者さんの問診票記入は、電子カルテの入力作業が発生します。問診をスマホやタブレットに置き換えることで、問診の作業負担は実質ゼロになります。
患者さん自身が自宅でスマホで入力、受付時にQRコードを提示すれば待合室でのスマホ入力も可能です。入力完了後、瞬時に電子カルテと連動します。しかも非接触で。
待合室に専用タブレットを用意すれば、大きな画面で問診入力ができます。紙の問診票とボールペンは、もう必要ありません。

「分岐ロジック」により、
必要に応じて設問を追加。
設問の内容はカスタマイズできます。

Web問診の設問設定には「分岐ロジック」を採用しています。特定の設問に対する回答内容に従って、画面が切り替わることなくスムーズに追加の設問を表示します。
必要のない設問は表示されないので、小さなスマホでもスッキリと見やすい画面を実現しています。
様々な問診のテンプレートをご用意していますが、設問の設定はカスタマイズ可能です。医療機関の特色に合わせた、きめの細かいWeb問診システムをご提供します。

回答は医療用語に変換後、
医療機関側の画面で即時確認。
電子カルテと即連動することが可能です。

患者さん用の画面では、平易な用語でわかりやすく。医療機関側の確認画面では、カルテ記載用に短縮された医療用語で表示され、PCでもタブレットでも確認できます。
様々な電子カルテと連動可能で、看護師や医療スタッフが診療前に、問診内容をカルテに反映させることが可能です。医師は詳細な内容が記載されたカルテを前に、診察を始めることができます。